読み込み中

ゆるみ打法 “コマ送りワーク”

佐渡のたたこう館で鼓童メンバー対象の
個人ワークを行いました。

たたこう館には太鼓がたくさん。天井高く木の良い匂いが立ち込める。

内容は人それぞれですが、
ゆるみ打法の基礎をやった一人の様子を
ちょっとだけYou Tubeにアップしました。
https://youtu.be/uemfM4jNVZE

それは、「コマ送りワーク」と呼んでいる
ゆるみ打法の特徴的な稽古法の一つ。

今回は、腕を体幹部でコントロールするもので、
主に背骨の動きにフォーカスしました。

太鼓は、見た目としては腕を動かしてたたくので、
バチの軌道からリズム練習まで、腕や手指に意識を
向けて稽古することが一般的かと思います。

しかし、ゆるみ打法では、腕の動きをつくるのに
まず、ゆるめるのは当然ですが、動作稽古としては
足裏、ヒザ、腰、背骨、肩甲骨などの
動きを重要視します。

それらの部位から力を生み、伝え、
更には腕の動きをコントロールするからです。

そう、腕のコントロールは腕でするのではないのです。

どの関節を、どのタイミングで、どのくらい動かすのか。

その動きは、何によって生むのか。

そういったことを然るべきポイントで
区分けして、認識しながら動かすのが
ゆるみ打法の「コマ送りワーク」です。

双手打ちの振り上げ、振り下ろし動作。
これが基本です。

※画像や動画では、あえて大げさに動かしています。

正しい(理にかなった)タイミングと動作で、
且つそれを認識できるコマ数が多いほど、
動作はしなやか、美しいフォームで
音も良くなるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA