読み込み中

ブッダプールニマー

とにかく暑かった。

もちろん冷房などない部屋、
寝ていても吹き出す汗が枕の模様を枕カバーに写してしまうほど。

陽に焼けた石畳を裸足で歩くとほんとに火傷しそう。

2度目のインド。

3年前に10秒間ほど目を合わせる機会があった
サティアサイババの前で、ゲストとして招かれ演奏してきました。

仏陀プールニマー(ブッダ誕生祭)。

バンガロールから車で5時間程、プッタパルティーにある
サティア・サイババのシュラインには
世界各地から大勢の人が集まっていました。

サイババに関して知っていたことは、かつてテレビで観た
「何もないところから物を出すオレンジの服をきたアフロヘアーのオジサン(超失礼)」程度のことでした。

そして前回インドに行ったとき
「自分の信じている宗教があるならそれを大切にしなさい」とか
「唯一の宗教は愛である」というようなことを
言っているらしいことを友人から聞きました。

サイババに関して賞賛、批判、暴露本まで、世界からいろいろ興味を持たれている人のようです。

しかし僕は周囲の声よりも、かつて目が合ったときの直感で
今回行くことを決めました。

政治宗教に中立的立場をとる鼓童としては、
判断に難しいため個人として行ったわけです。

ちなみに僕は帰依している宗教はありません。

このイベント、一度も予定通り進行せず、
僕の出番は4分の3カットになる可能性がありました。

そんな状況下に揺れる心の羅針盤を求めるべく
パフォーマーとして、人として

「なぜたたくのか」
「どうたたけば満足か」

ということを見つめる、とても意義ある時間を
過ごせたと思っています。

これがサイババマジックなのかもしれませんね。

演奏はとても響きのよいところで、気持ちよく楽しくできました。

それにしても、やはりインドのカレーとマンゴーは絶品でした(*^ー^*)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA