読み込み中

謹賀新年2022

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくおねがい申し上げます。

2022年の予感

さまざまな環境の変化が徐々に
デフォルトとなり、
そこからまた新たな動きが
益々活発になりそうな
2022年。

それは更なる大きな変革の
準備である気がします。

次回の寅年までの12年間は、
祭りの準備のワクワクあるいは
ドキドキ期間だと
予感してます。

去年感じたこと

環境の変化の一つとして
いろんなことが
デジタル化して
オンライン化していく流れで
意味のない会議など
無駄なコミュニケーション機会が
スリム化しました。

そのことでお金もそうですが
もっと大切な「時間」について
シビアに考えさせられました。


一方で、リアルに人が
コミュニケーションすることの
大切さ、その欲求の強さ。

そして腹の足しにならないはずの
音楽や芸術の大切さを
感じた期間でした。

しかし、そんな二極化していく
どちらにも収まらず、
二極を隔てる壁を飛び越えて
二極のいいとこ取り
するような「統合」の流れ。

こうした統合の発想が
時代の流れのような気がします。

一極にこだわる分離思考や、
分離ベースの仕組みは
どんどん崩壊するでしょう。

それは一度形作った粘土細工を
丸めて練って、またより良いものを
つくるような作業のようですね。

場づくり

僕自身もリアルでしかシェアできない
ことがあるからこそ
オンラインでの情報交換や
コミュニケーションする場を
つくりたいと考えています。

準備に時間がかかっているので
「やるやる詐欺」にならないのが
今年の第一目標(笑。

そこで情報をシェアしながら、
共に粘土を練って遊ぶ仲間と
出会えることを今から
楽しみにしています。

謹賀新年2022」への2件のフィードバック

  1. 明けまして
    おめでとうございます

    コロナ禍の中で、感染が収束しても元の生活に戻るのではなくて、生き方を問い直しながら大切なものを育んでいきたいと思いました。

    日々新しい自分との出会いを自然に受け入れていけたらいいなぁ~

    身体の不調と回復を繰り返しながらも、今自分ができることを頑張り過ぎずに続けていきたいです。

    竜太郎先生のレッスンを受けていた時間がどんなにか貴重な時間だったか、抱きしめたい想いです。浅草でレッスンできるかもとのことで、直ぐには参加出来ないと思いますが、場が有ることでホッとします。
    いつかは、竜太郎先生のレッスンを受けに行きたいです。

    本年もどうぞ宜しくお願い致します。

    1. 「できることを」「頑張りすぎず」「続ける」。
      スバラシイですね♪
      またご一緒にたたきましょう!

岡部 由美子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA