読み込み中

除菌ペダル

これは「スタジオあるある」なのかな? ドラムのハイハットスタンドを活用した、 手でプッシュしなくて済む仕掛け。 力加減が難しく、勢い余って 飛び散る。 ドラム経験者としては なんとかうまくシュッとしたくて 繰り返し踏んでしまうのだった。 貴重な消毒液を無駄にして スミマセン。

続きを読む

大ショック!!

昔、ツアー中に、太鼓のカバーを開けたら皮が破けていた、という夢をよく見た時期があります。 実際、2ヶ月のツアーで2枚破いたことがあったころです。このときの目覚めの悪さといったら、、、いや〜な汗かいているんですよ。 太鼓は自分の音に育てるまで時間がかかります。皮は消耗品とはいえ、いつも気を使って接しているので特にカワイイ(シャレじゃありません)んです。 それが今回、あの悪夢が現実に。。。 が〜〜〜〜

続きを読む

Pay Forward

今日電車の中で、中学生くらいの女の子が「ちょっと席をとっておいて下さい」と隣の見知らぬ人に声をかけて席を立ちました。 車両の端まで行ったようで、友達でもいたのかな、と思ったら妊婦さんを連れて来て座らせてあげたのです。 僕はその娘を抱きしめてあげたくなりました。 きっと回りにいた人たちも何かを感じ、それがまた誰かへの親切に広がってゆくことでしょう。 そして巡り巡って、何倍にもなってその娘に帰ってゆき

続きを読む

あなたの「五感」は本物か?

僕はこれまでいくつかのCDやDVDの録音、編集に立ち会ってきましたが、太鼓という楽器の特性とこうした録音物の特性のなじみの悪さにいつも悩まされていました。 加えて、自分の出したいニュアンスと一般的なリスナーの音を聞く環境とのなじみの悪さもありました。 その溝を埋めるために、発想の転換やコンセプトの練り込み、録音の加工技術の導入などをしましたが、それはそれでとても楽しく勉強になりました。 つまり生音

続きを読む

2008元旦

新年あけましておめでとうございます。 個人的に去年は激動ともいえる年で、いろんな意味で 一筋縄ではいかない出来事が次から次へと目白押し。 確かに時間的なことなど厳しいことも多々ありましたが、 その割りには、流れにのった変化の中でのことだったので 努力感はあまりありませんでした。 さて、今年はどんな風にいきましょうか。 このところ年々イメージすることの大切さ を感じます。 想像は創造の源。 例えば、

続きを読む

冬の空

千葉に引っ越してから、テレビの天気予報を観ると 関東地方ではなく、ついつい新潟の天気をみてしまいます。 「ああ、こっちの冬はいつもお日様を拝めたんだったなぁ」と 明るい空をしみじみ眺めていましたが、 昨日新潟に移動。 やっぱり「トンネルを抜けると雪国だった」!!ですよ。 いや〜見事なコントラスト。 何回体験しても面白い。 このどんよ〜りした空、なつかしい〜!! ”関、越”の冬空、どちらも懐かしいと

続きを読む

完全撤収

はじめてこの土地に降り立ったとき、身体にエネルギーが満ちて行くような感覚を覚えました。 年間3分の2というツアー生活が多く、実際に暮らした日数は限られています。 にもかかわらず「帰って来た」という気持ちにさせてくれました。 これまでありがとう。bye-bye SADO!!

続きを読む

心にもサクラサク

桜も見事に咲き誇る新年度。在籍20年ということで鼓童から表彰状をいただきました。 宛名も本文も全て手書きの美しい文字。賞状もらってうれしいと思ったのは生まれて初めてです。 自分の業績とかでなく表彰してくれるグループの心意気がうれしかった。 寝具と衣装ケース1箱だけで佐渡に渡った時のことを思い出すなぁ。 あの日もこんな穏やかに晴れた日でした。

続きを読む

テリー・ボジオ!!!

こういうドキドキワクワクは久しぶり。ほとんど中学生に戻ってただの一ファンになってました。 なんせ27年前から好きだったドラマーの生演奏を初めて聞けて、楽屋で話して写メまで撮ってしまったのですから。 孤高のドラマー、テリーボジオ。 フランクザッパ、UK、ブレッカーブラザース、ミッシングパーソンズ、ジェフベックなどでその素晴らしいドラミングを聞かせてくれてきた。 余韻をあえて押さえたソリッドな音、音楽

続きを読む

オムサロ遺跡公園

それは、オホーツクを見下ろす高台の森にある。 3万年前(旧石器時代)からの遺跡が残っているオムサロ遺跡公園 に、紋別を離れる前に行ってきました。 なんと紋別市立博物館の佐藤館長直々のご案内。 何を聞いても即答してくれるので調子にのって質問攻め。 たのしかったよぉ。

続きを読む