読み込み中

まさかの法被

“アマテラス”歌舞伎座公演楽日。

アマテラス降臨そのままのごとく、
幸せなエンディングでした。

今朝劇場入りすると玉三郎さんに
呼び止められ「竜ちゃんも出ましょうよ」と。

2度目アンコール終了後に舞台に登場、そのまま
おまけの沖揚げ音頭をいっしょに。

音楽監督として裏に徹していたので
まさか表舞台に出るとは夢にも思っていませんでしたが、
鼓童と玉三郎さんとお客様の気が、キラキラと
舞い散る舞台に乗れて幸せでした。

アマテラス岩屋隠れの物語は、要するに
「失った光を取り戻す」
というもの。

そして光が戻った(岩戸が開いた)のは、
ヤオヨロズの神々の開けようとする
「がんばり」ではなく、

アメノウズメの踊りに多いに
「笑った」こと
がきっかけとなりました。

そこにどんな真実があるのでしょうか。。。

今日の歌舞伎座に舞っていた幸せのキラキラを、
62年前の今日から受難を強いられている魂と、
同じことを繰り返しそうになっている
迷える魂に捧げたく思います。

光を見いだすために。
光を見失わないために。

歌舞伎座という、鼓童にとっての
アウェイまで応援しに来て下さった皆様、
ありがとうございました。

ご来場叶わなかった皆様にも
歌舞伎座から風に乗ったキラキラが
降り注ぎますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA