読み込み中

アマテラス再演

坂東玉三郎さんとのコラボ作品
アマテラス 」の佐渡での通し稽古が
先ほど終わりました。

1年ぶりの公演ということで、
思い出しに時間がかかると思いきや、
ECや12月公演のリハの合間に
プレーヤーが自主的にパート稽古を
してくれたので、かなりスムースに
進められました。

とはいえ、物語と役者と音楽の関係を
ホントに緻密につくった作品。

スサノヲが暴れてアマテラスと
やりあうシーンや、アメノウズメが
恍惚と乱舞するシーンなど、
一見めちゃくちゃに見える部分も
構成上の骨組みは
かなりしっかりつくり込んであります。

それゆえ段取りが単なる約束ごとでなく、
物語の進行に沿った感情の流れとして
音に反映できるまで時間がかかりました。

前回の東京公演は、洋式の劇場。

今回は和式であり、玉三郎さんの
ホームである歌舞伎座。

歌舞伎座の舞台機構ならではの
演出も加わり、メンバーもこの1年で
成長しているので、よりパワーアップして
深みのある仕上がりになったと思います。

みなさん、どうぞアウェイの鼓童を
応援してくださ〜い!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA