読み込み中

ラストステージ

8月19日。

アースセレブレーション2007最終日をもって、
鼓童メンバーとしての舞台活動に
終止符を打ちました。

数日前の予報はアヤシイ雲行きだった19日。

龍神さまにお願いしてピーカンにしてもらいましたが、
あんまり暑かったので、曇りにしておけばよかったと
後悔しました(笑)。

当日までは、そのときを想像するだけで泣けてきましたが、
実際舞台に立つと、とても静かな気持ちでいました。

それは20年間のすべての喜怒哀楽を飲み込んで、
純粋な感謝のみに昇華されたような感覚でした。

演奏ではタブラの名手、ザキールフセインとの
一騎打ちが特に楽しかった。

リハはサウンドチェックとエンディングの
確認のみで5分で終了。

数年前、やはり一騎打ちでセッションした
フリージャズの父であり伝説のドラマー、
Milford Gravesのときと同じワクワク感が
こみ上げてきました。

こんな巨匠の胸を借りて、子供になって遊ばせてもらい、
打楽器奏者冥利につきます。

こういった数々のセッションの中で、
僕はホントに多くのことを学ばせてもらったのだ、
と改めて思いました。

それと対象的に鼓童の若手、
坂本雅幸と僕とで”族”の太鼓群のバトルが
ありました。

彼が何をつかんだかわかりませんが、
稽古では伝えられない何かを感じてもらえれば、
これまで僕と共演してくれた巨匠たちに申しわけが立つ
というものです。

すべての演奏が終わり、感謝を込めてバチを客席に投げ、
担いでいた太鼓を舞台に置き、
その上に法被とハチマキを置きました。

皆さんの声援の中、袖にはけて行く歩みは、
もう未来へ向かっているようでした。

僕の心は、とてもすがすがしく晴れやかで、
最後の姿として、そういう自分でいられたことは、
よかったと思います。

鼓童内部を含め、鼓童を通して
出会ってくれた演奏者に、スタッフに、

お客様に、全ての方々に、

そして佐渡が島とGreat spiritに
心からの感謝でいっぱいでした。

ありがとう!!

以下、旧ブログの本記事にいただいた
コメントのスクリーンショットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA