読み込み中

余談その1〜アイルランド音楽

エンヤの家族がやっているレストランにて。
店で弟さんが働いていた。
クラナダのヴォーカル、モイアブレナンはエンヤの姉。
ecでドーナルと来日、共演した。

伝統曲のしっとりとして透明感あるバラードは、
大きな愛に抱かれるようで
自然に涙して浄化してくれる。

2拍子で縦ノリのダンス音楽は
人間のもつパッションを
素朴に発散させてくれる。

アイルランド音楽は日本人にも
とても馴染みやすい。

ご存じの方も多いと思うが、小学校の音楽の
教科書にもあった”ダニ−ボーイ”とか
”ロンドンデリーの歌”と呼ばれる曲は
アイルランド民謡だ。

伝統音楽だけでなくロック、ポップスでも、
U2、ヴァン・モリソン、エンヤ、
シネイド・オ・コナーなど
僕の好きな素晴らしいアーティストが
山ほどいるアイルランド。

U2のボノが経営のホテル
☆☆☆☆☆です。泊まれてラッキー(^^ゞ

また伝統と近代の音楽とを融合する
試みも続いているが、それを絶妙なバランスで融合させる

錬金術師のようなおやじ

がいる。

EC96,97のゲスト、ドーナルラニーだ。

そのとき連れて来たミュージシャンを中心にした、
ドーナルラニー&クールフィンのアルバムは
僕のお気に入り。

ECでの印象を曲にした”Trip to SADO”がある。
日本盤ライナーノートでそのことに全く
触れていないのは残念。

クールフィンのドラマー、レイフィンとは仲良しで、
ダブリン滞在中ホテルに電話をくれたが、
翌日からリバーダンスのツアーとのことで
残念ながら会えなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA