読み込み中

余談その2〜魂の約束?

僕がソロで共演したリアム・オ・メンレイは、
アイルランドの人気ロックバンド、
ホットハウスフラワーズのボーカリスト。

彼とはちょっとした縁がある。

97年に彼はタオスの太鼓を僕にくれた。

タオスはアメリカ、ニューメキシコ州の
ネイティブアメリカンが住む土地の一つ。

なんと翌98年、ECのゲストにタオスの
べニートコンチャ達を招くことになった。

このとき僕とべニートは兄弟の契りを結ぶことになる。

しかしリアムがくれたあの太鼓が
タオスのものだと知ったのは後のことで、
99年にリアムと共演したときだった。

その話しをリアムから聞いたとき、

僕の胸にあったネックレスをリアムにあげた。
それは、たまたまタオスのべニートから
もらったものをしていたのだ。

アイルランド、アメリカ、日本と
地球をひとまわりする輪が
繋がったようで不思議な感じがした。

これは何かの約束なのかな?

り◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA