読み込み中

POLICEのライブ

ナイショの話(だけどもう時効ということで)、

かつて某国の王族の招きで、スティング、

エルトン・ジョンと一曲ジョイントした

ことがある。

そのときは国や財界政界のVIPなどが観客で

300程度のキャパ。

エルトン・ジョンよりスティングの方がバンド

としてのサウンドはダントツによかった。

今回のPOLICEは東京ドームでのライブ。

某国とはあまりにもキャパに差があるが、

スティングの魅力は充分に伝わって来た。

舞台オーラはなくなったが、無邪気なギターおじさん

という感じのアンディーサマーズ。

テリー・ボジオとともにスネアのタイミング と

サウンドに心惹かれるスチュワート・コープランド

の切れ味は健在。

80年代のライブに比べて、さすがに飛んだり跳ねたり

しないが、頑張らなくてもテンション高い音楽に

なっているのが気持ちいい。

舞台装置は至ってシンプル。

LEDはふんだんに仕込んでいましたが

照明とともにえげつない使い方はせず、

音楽にいい感じでシンクロしていました。

いや〜、オトナのステージ。

よかったです。

ちなみに、某国ライブのときのスティング側のドラマー

は、大好きなヴィニー・カリウタだった。

彼のドラミングをホントに手の届く真後ろから

見ることができて大興奮でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA