読み込み中

WS@御坊2007

和歌山県御坊市で、3年連続のワークショップと初のソロライブ。
初めての土地なのに満場のお客様の前で演奏できて幸せでした。

リハ中。幕の色がウフフ。。。

ワークのグランドテーマは「ゆるんでたたいて」。

サブテーマを年ごとに

「自然の力を感じながらたたく」
「リズムにのる、ノリを出す」

と変えてきました。

そして今年は

「表現する太鼓、繋がりの響き」


まず基本のワンフレーズだけ提示。

力量のバランスを観ながら参加者のアイディアも取り込み、
その場で構成して小曲を創ります。

数人の方のソロパートも入れました。

曲を仕上げる過程で具体的な技術や音楽的アプローチをしつつ、
自己表現とはどういうものか、
それがゆるみとどう関係しているかが解き明かされてゆきます。

最後の演奏は
知識、技術、体力、精神力(?)だけでは
絶対に響くことのない音。

集団に埋もれずしかし単に目立つのではない、
一人一人が輝いたとても素敵な響きでした。

この結果こそ「何故 ”ゆるみ” なのか?」の答えなのです。

そして僕が一番大切に思っていることであり、
組太鼓(太鼓アンサンブル)の可能性の
最も重要なことだと考えています。

これをシェアーできて本当にうれしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA